楽天カードで使える電子マネーはなに?

楽天カードで使える電子マネーはなに?

2016年10月25日からすべての機能のApple Payが利用可能

楽天カードがApple Payで利用できるということで、今後もザクザクポイントが貯めやすくなりました。

楽天カードを登録すると、アプリでのApple Payの利用はもちろん、Suicaの利用やオンラインでのApple Payの利用も可能です。

楽天カードでApple Payを登録する場合、QUICPayが割り当てられるため、国際ブランド選びは注意が必要です。QUICPayが利用できるのは、JCBとMastercardの国際ブランドのみです。

現在のところVISAは、SuicaでのチャージやオンラインでのApple Payの利用など、Apple Payの全ての機能を利用することができません。

現在お持ちの楽天カードのブランドがVISAの場合で、Apple Payを利用する場合、国際ブランドの切替が必要となります。

楽天カードのデメリット

ETC利用は年会費が必要

永年年会費無料で利用することが出来る楽天カードですが、ETCの利用に関しては年会費が必要になります。わずか500円のコストではありますが、ETCカードに関しても無料で利用できるカードもあり、使い分けをするのも賢い使い方かも知れません。

しかし、ETCの利用でも100円に1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されますので、年間50000円以上ETCを利用する方であればポイントで得をすることができます。

メールマガジンが大量に届く

楽天カードのもうひとつのデメリットは、楽天カードや楽天市場・楽天銀行など楽天グループからのメールマガジンが大量に届く点です。携帯のメールアドレスなどを登録しておくと、通知が厄介になる場合もありますので、パソコンの捨てアドレスなどを登録しても良いかも知れません。いやー楽天カードのデメリットですね。

楽天カードのお得な使い方

楽天スーパーポイントをANAマイルに移行する場合は、楽天スーパーポイント2ポイントでANAマイル1マイルのレートでの交換になります。ですので、通常還元率で考えると、楽天カードでANAマイルに移行する場合の還元率は0.5%になります。しかも移行手数料は無料です。楽天市場で貯めたポイントをANAマイルに移行すれば、マイル還元率1%に

楽天カードの賢い使い方としておすすめしたいのが、楽天市場で獲得した楽天スーパーポイントをANAマイルに移行する方法です。

楽天市場で楽天カードを使用して買い物をすると、通常の3倍のポイントを獲得できます。そのうち2%(お買い物通常ポイント1%+楽天カードのご利用通常ポイント1%)が有効期限1年間のポイントで残り1%分のポイントが期間限定ポイントの扱いとなります。

つまり、期間限定ポイントはマイルに交換することはできないので、楽天市場利用時に100円の利用で通常ポイントを2ポイント獲得することができますので、そのままマイルに移行すれば1マイル獲得することができ、1%のマイル還元率を得ることが可能なのです。

楽天市場利用した場合に限りますが、年会費無料でマイル還元率1%のカードは陸マイラーにとって最強と言っても過言ではありません。

2017年11月1日より、楽天カードでのnanacoへのクレジットチャージはポイント付与の対象外となりました。

ちなみに、Mastercardカードを選択すればauウォレットへのチャージ分はポイント付与されます。

期間限定ポイントを楽天市場以外で利用できる?

実は、楽天ポイントカードができたおかげで期間限定の楽天スーパーポイントを楽天市場以外のリアル店舗で消化することができます。

利用できるお店は、ミスタードーナツ、サークルK・サンクス、ポプラ・生活彩家、大丸、松坂屋、カフェ&バーPRONTO等で普通の買い物するのにも使えます。この辺が楽天カードのメリットとも言えます。

入会特典を2倍にする裏ワザ

楽天カードはエントリー+新規入会+利用でもれなく5,000~8,000ポイントがもらえるキャンペーンを随時開催しています。

夫婦や家族(おじいちゃん・兄弟)身内がいる方限定となります。例えば、ご夫婦の場合、旦那さんが楽天カードを申し込みます、審査が無事通ったら、奥さんの家族カードを作るのではなく、奥さんの名義でさらに楽天カードを申込ます。スムーズにいけば奥さんの審査も通るので入会特典が5000ポイントなら夫婦で10,000ポイント獲得することができるのです!

楽天カードは、旦那さんが働いていれば奥さんでも審査が通るカードです、是非この方法で入会ポイントを2倍にしてください!

アルバイトをしている大学生の場合、本人が申込んで審査が通れば、お母さんやおじいちゃんなどに申し込んでもらうことで入会ポイントを2倍にも3倍にもすることができます。

まとめ・こんな方におすすめ

楽天カードはランニングコストにも優れ、使い勝手の良いポイントプログラムである楽天スーパーポイントも人気のカードです。どのような方にもメリットを受けることが出来るカードですが、こんな人におすすめです。

  • 楽天市場のユーザーの方
  • 初めてのクレカ作りで検討してる
  • 入会キャンペーンに魅力を感じる
  • 年会費無料で高還元率のクレカを探している

    などが、特に楽天カードをおすすめ出来るユーザーとなります。永年年会費無料の楽天カードは、ランニングコストを抑えたクレジットカードを持ちたい方におすすめのカードです。

    楽天カードは楽天市場での使用でいつでも4倍のポイント還元を受けることができ、入会キャンペーンでは5,000~8,000ポイント獲得できるので、獲得したポイントでお得に買い物をすることができます。

三井住友VISAカードのメリット・デメリット

三井住友VISAカードのメリット・デメリット

日本国内には100社を超えるクレジットカード会社がVISAカードを三井住友VISAカード以外にもVISAカードを発行しています。

三井住友カード以外で有名なところだと、三菱UFJニコス(ニコスカードやDCカード)、クレディセゾン(セゾンカード)があり、最近では楽天カードやイオンカードもVISAカードの取扱があります。

あくまで三井住友VISAカードというのは、三井住友カード株式会社がアメリカのVISAと提携をして発行しているVISAカードの一種にすぎません。

三井住友VISAカードの年会費

年会費は1,250円(税別)がかかりますが、年会費割引制度を利用することで下げる事ができます。

一番利用しやすいのはネット利用明細書を利用した場合に受けられる500円(税別)の割引です。三井住友VISAカードの明細書を、郵送ではなくインターネット上で確認するようにすれば受けられる割引特典で、紙が来なくなるので便利です。

三井住友カードも紙の発行がなくなるので経費削減になります。

もう1つは、「マイ・ペイすリボ」の利用です。毎月の支払いをリボ払いにする事で年会費が無料になります。

リボはイヤだ。と思いますがちですが、支払額の上限を最大にしておけば、実質1回払いのクレジットカードと同じになります。リボは発生しません。

三井住友VISAカードの審査

気になる審査ですが、一般的に銀行系クレジットカードは厳しいと言われています。三井住友カードの場合、18歳以上で安定した収入があるのが条件になります。

ジャンル 審査結果
学生 ×
パート
アルバイト
派遣社員
正社員

派遣社員が審査に通るかどうかは、その人のクレヒスによります。もちろん正社員の人もクレヒスがアウトだったら審査は通りません。

昔と比べて、最近は審査も甘くなったように感じます。20年前から三井住友VISAゴールドカードは水戸黄門の印籠(いんろう)みたいなもんでしたが、今はだれでも無理なく持てるようになりました。

任意整理とは?そのメリットとデメリット

任意整理とは、裁判所を通さずに金融業者と直接交渉して債務を減額する手続きのことです。

任意整理は裁判所を通さないので簡単に手続きができて整理対象にする債権者を選ぶことができます。具体的な内容としては毎月の返済額の減額やなどになります。

ただし、任意整理では債務の元本自体を減額することはできません。

また手続きを成功させるには債権者の同意が必要ため、拒否されてしまうと減額することはできません。 収入が一定以上ない場合も、やはり断られてしまうので注意が必要です。

そのため任意整理がオススメな人は、借金額が少ない人、一定の収入がある人、住宅ローンや保証人付きの債務は整理したくない人です。

任意整理をするメリット

  • 毎月の借金が減額される
  • 整理する借金を選べる
  • 取立てがとまる
  • 他の債務整理に比べて手続きが簡単
  • 裁判所を通さない
  • 官法に載らない

【デメリット】

  • 約5年間ブラックリストに載る
  • 他の債務整理に比べて減額が少ない

任意整理でブラックリストに載るのは残念ですが、仕方ありません。

クレジットカードは使えなくなる?今や生活に欠かせないクレジットカードですがどうなるのでしょうか?

任意整理のカード会社のカードは当然使えなくなります。では関係の無いカード会社はどうなのか。今まで使っていたところは、ブラックリストに載ったのが分かった時点で使えなくなります。

もしくは、カードの更新時にバレますので、その時点で更新をされなくなり強制退会になります。もちろん新規でのクレジットカードは作る事は出来ません。

クレジットカードおすすめ
カードローンおすすめ
ビットコイン口座開設
任意整理 メリット